研究紹介

 我々のグループは、宇宙X線ガンマ線衛星による観測と広島大学設置の1.5m可視光近赤外望遠鏡による観測を組み合わせて、国内の研究機関の中では初めての本格的な多波長観測体制によって、宇宙における高エネルギー現象の解明を目指している。
近年の宇宙観測により、宇宙というものは今まで考えられていた以上に非常に高エネルギー現象に満ちあふれていることがわかってきた。星や銀河が静々と存在しているだけでなく、重力落下あるいは天体の衝突によって加熱加速が至るところで起こっているのである。言い換えれば、宇宙の至るところに地上では実現できないような巨大な加熱器あるいは加速器が存在する(銀河中のブラックホール中性子星およびパルサー超新星残骸近傍銀河活動銀河核銀河団ガンマ線バーストなど)。こうした高エネルギー現象を観測することによって、宇宙のダイナミックな部分をクローズアップして宇宙の進化や構造形成に迫ったり、地上で実現できない高エネルギー物理現象の観察をすることができるのである。特に高エネルギー天体の突発的な現象を可視光近赤外観測によって同時に探ることにより、より深い情報が得られる。
具体的には、ネットワークを通じて緊密な連絡をとりながら、以下のような研究活動を行っている。ときには、海外の研究機関に出向いて共同研究や研究発表を行うこともある。

学会発表や論文などの研究活動の報告はこちら

X線天文衛星を用いた宇宙観測


次世代ガンマ線天文衛星GLASTの国際共同開発

次期X線天文衛星Astro-E搭載硬X線検出器HXDの開発

広島大学1.5m望遠鏡の立ち上げ

多重コンプトンガンマ線カメラの開発